上棟の前にすること

昨日は土台(桧)伏工事をしておりました。土台が完了すると、いよいよ建方(棟上)です。建築工事でも一大イベントなのでとても楽しみです。M様邸は一階が大きな大屋根の家です。大きな新しい道路沿いに建築しますので、もしかしたら近くを通ったら見えるかも。今日はO様邸の上棟を行いました。昨日が上棟予定でしたが、雨だったので柱1本建てて、今日は本番。棟梁の掛け声で上棟が始まります。大工さん・鳶さんの無駄のない動きに感心。気温は低かったですが、私のテンションは高かったです。綺麗な東濃桧の柱に長良杉の梁を組み上げます。そして大黒柱の登場。建てるのに一苦労です。棟梁が祝詞を挙げ、無事に工事が進むことと、ご家族の益々のご健勝をお祈りしました。今回はじめて仕事をやっていただくことになった郡上白鳥の匠です。今日は製材配送スタッフが建て方材前運搬にかかってしまい、急きょ土場まで破風・鼻かくし・それに垂木の加工したものを作事小屋から運んでもらいました。その時パチリ。作事小屋は本社より1KMくらいのところにあって、以前からよく知っている方でしたが、今回O様邸からお世話になることになりました。どうかよろしくお願いします。いい人です!またひと組郡上の匠が増えました!岐阜の不動産SHOPで物件を探そう