光の取り入れ方

【狭小地でも光を取り入れる工夫】狭い土地でも工夫次第で明るい空間を創り出すことが可能です。その方法の一つが吹抜けです。今日は建築中のお住まいに伺いました。お施主様と設計士さんがキャットウォークの使い方を話しています。ゴロゴロするのも、音楽を聴くのも、日向ぼっこするのもいいですね。など。細長い町中の土地とは思えない光の入り方です。昼間は本当に電気を点けずに明るいです。きっと夏には涼しい風を取り込むこともできるでしょう。ワクワクしながら写真を撮りました。【息抜きのハナシ】「息抜き」と言っても、休憩のことではございませんよ。過去の井戸が使わなくなった時に、井戸の神様(水神)に呼吸をしていただくために井戸の管を地面から出しておくことを言います。「水神様に呼吸をしていただくために息抜きをするんだよ」なるほど、年の功(失礼?)ですね。職人の意識の高さに頭が下がります。建築のご計画中のお客様をすでにお引渡済みのオーナー様のお宅へご案内しました。敷地環境を十分に考慮したお住まいと、ご家族の温かい家庭に触れて、大変感動しました。ご案内させていただいた客様も、何よりお子様が気持ちよさそうにしていたことが印象的でした。岐阜の不動産SHOPで土地探し